読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ESP-WROOM-02でトイレの空き監視システムを導入していた話

トイレが足りない

僕が務めている会社なんですけど、
社員70人に対して男子トイレ個室が2個しかないんです。
ちなみに法律は60人に1個あれば良いらしいんだけど、それ絶対無理でしょ。
厚労省の社員さんどんだけトイレ我慢してるんや....
トイレが足りなすぎて、外部で2回もトイレLTしてるくらいです。

2010年くらいからトイレ空き監視

ということで空きを可視化するのは必然だったんですよ。
お腹ゆるいし。死活問題。

外部LTの資料にも記載ありますが、最初は50mの延長コードでした。
で、オフィスが引っ越しした後、2013年くらいからずっとIoTで実現してました。

リプレイス完了

3年前くらいに作ったシステムなので、
有線LANだったり1個室に対して1システム必要だったりと、
使い勝手が悪くなってきました。

そこで昨日、ESP-WROOM-02で作りなおしたものを社内リリースしました!
www.switch-science.com
2000円弱でwifi内蔵マイコンとして動くとか世の中おかしい。いや、嬉しい。

HPだけでなく新たに廊下にLEDでステータスがわかるようにして、
別の階のトイレが空いたら真っ先に向かえるようになりました。

ESP-WROOM-02はArduino互換なので、特に難しいことなくプログラミング可能。
センサとビューア間通信はWebSocketを使ったんだけど、
それは社内で知見があったRatchetを使いました。
まあただのエコーサーバだけど。
socketo.me

ソースコード

特にソースコード整理とかしてないですが、ソースコード公開しておきます。 github.com

購入したパーツ一覧

今回は1フロア男女計2個室のセンサ、全体4個室分のLEDを実装したので、
12000円くらいかかりました。
最小構成だと3000円くらいかな?
参考までに買ったパーツも置いておきます。
ロボットケーブルが意外と売ってなくて困った。
www.switch-science.com akizukidenshi.com akizukidenshi.com akizukidenshi.com www.switch-science.com akizukidenshi.com akizukidenshi.com