builderscon tokyo 2019でコアスタッフをやってパンフレットをつくった

動画も上げた、経費精算もした、残作業も終わって、あとはブログを書けばカンファレンスが終わる…という状態になって、はや1ヶ月。 締めます。書きます。ブログです。

ということでbuilderscon tokyo 2019のコアスタッフ業をしてきました。
builderscon.io

去年は当日スタッフで司会業やおにぎり購入係をやっていたようです。
あれ、去年は12月31日に書いてるのか。ということは2ヶ月も早い。成長している...

今年はパンフレット担当と映像・PAでした。
映像周りは別エントリにする予定なので、こっちではそれ以外の内容になります。

パンフレットをつくった

f:id:rela1470:20190830112449j:plain
今年のパンフレットは28ページの無線綴じ!

今回のパンフレットは見本市を含むプロポーザル全文を掲載して、タイムテーブルと合わせて俯瞰できるようにしました。
プロポーザルを読み込み、次に見るセッションを決めてもらいたいという思いがあり、それにはWebページより紙媒体が優れているUIを提供できそうだったからです。

f:id:rela1470:20191103220555p:plain
各セッションが俯瞰して見れるプロポーザルページ。

スポンサーの皆様、参加者の皆様はもちろんのこと、何より登壇者の皆様にとっての思い出の品になることを目指しました。

感想が3件しかないのでお兄さん悲しいです...
もっと褒めてください!来年へのやる気をチャージさせてください!

さて、今回の製作ではStaraxiaさまに1から100までお世話になりました。
同人誌等も作ったこともなく、校正・校閲のやりかたも手探りで、本当にご迷惑をおかけしました...

f:id:rela1470:20191103215635p:plain
妻のiPad Proを勝手に借りてFBを書く
f:id:rela1470:20191103215722p:plain
デザイナーさんが良い感じにしてくれた!

なぜかうちにあった校正記号の本を読んで勉強しました。

無線とじで背表紙を作るっていうのが裏目標だったので、今回の出来は大満足です!
来年は更に紙のサイズを小さくし、ページ数を増やそうと思います🤔

イベントレポートを寄稿した

せっかく本編で紙媒体を担当したので、WEB+DB PRESS Vol.113にイベントレポートを寄稿しました。
1ページだけの寄稿ではありましたが、プロの校正・校閲を体験したのはいい経験になりました。
作者に載ってるのが感動ですね。また機会があったらなにか書きたいな!

WEB+DB PRESS Vol.113

WEB+DB PRESS Vol.113

来年以降のお話

2020年はオリンピックのこともあり、どういう形になるかはまだわかりません。
でも、みなさんの熱意があれば、きっと開催されることでしょう。
逆に言うと熱意がないと開催されないっすよ。ほんとに。
僕らの組織はボランタリーベースなので、すべては誰かの熱意で動いています。
僕らの熱意が生まれるには、みなさんの熱意が伝わるのがひじょーーーーーーーーに大事です。
今からでも良いのでブログ書きましょう。
ブログがしんどいならお手紙でもよいですよ!

f:id:rela1470:20190829204029j:plain
スタッフ集合写真!

それでは、また来年お会いできることを願って。

f:id:rela1470:20191103231633p:plain
お金がないならスタッフやるのも良いですよ。ボランティアなのでプラスになるわけではないけど出費は減るよ